アジアンテイストで南国リゾートカーテン

日本でもっとも人気の高いアジアンインテリア

アジアの海外リゾート東南アジアのリゾート地は比較的近いこともあって、日本人にとって海外旅行人気のスポットです。

また彼らの東洋文化は私たち日本人にとっても馴染みが深いものがあり、天然素材を中心としたインテリアは比較的取り入れやすくとても人気のデザインです。

我が家を南国リゾート風ホテルのようなインテリアで仕上げるポイントは、家具やファブリックの材質とカラーをしっかりアジアンテイストでまとめることにあります。

ひとくちにアジアンテイストと言っても、中国、インドネシア、バリ、タイなど地域によって雰囲気も大きく違い、使うインテリアのデザインや素材感もガラリと変わってきます。

ここでは南国リゾートをイメージして、バリやタイなどをイメージしてインテリアを選んでいきましょう。

家具はラタン(籐)仕上げの椅子やテーブル、チェストなどが定番になります。それらのカラーはベージュ、ブラウン、グリーンなどアースカラー基本となりますので、カーテンもその配色バランスを考えて選ぶのがポイントになります。

素材感をしっかり味わえるファブリック

素材感たっぷりのアジアンファブリックカーテンやベッドカバー、クッションなどのファブリックは、ホテルライクインテリアの演出にはとても重要なアイテムになります。

どんなにアジアンテイストの家具や小物たちで飾り付けても、カーテンを安価な既製品で間に合わせてしまうと、それなりにまとまっているようで何か物足りない、アンバランスな感覚に襲われてしまうので注意しましょう。

アジアンテイストなファブリックに求めるのものは、素朴で自然味あふれる素材感とカラーの組合せです。太めの糸でざっくり織り上げた麻袋をイメージした無地調カーテンが基本で、コットンやレーヨンを織り交ぜて深味のある色を出した輸入カーテンがお勧めです。

ただ輸入カーテンは繊維の収縮が大きいため、四季折々湿度変化の高い日本の室内ではカーテン丈の寸法変化が起きますので、その点だけあらかじめ覚悟しておく必要があります。

国産の生地でもざっくりしたアジアンテイストの無地はありますが、洗濯機で洗えるウォッシャブル機能をつけるため、ポリエステル100%素材になります。そのためどうしても素材に光沢感が出ますので、そこまで素材感にこだわなけばメンテナンスしやすい国産の生地で検討して下さい。

アジアンカーテンはこちら