ヨーロッパの高級ホテルで人気なのが、このダマスク柄のデザインカーテンです。ダマスク柄というのは植物や果物、花柄をパターン化して並べたデザインのことで、結構大きな柄はそれだけで存在感のある窓辺を演出することができます。

日本でも大人女子の間で大人気!100円均一のお店でもダマスク柄の小物入れなどが販売されていますし、プリント手法によってコストを抑えた安価なカーテンも比較的簡単に手に入るようになりました。

ただ気をつけていただきたいのは、ダマスクの柄パターンだけがカーテンとしての価値全てではないという点です。ヨーロッパのダマスク柄織物は様々な技法によって、作者の強い思いが込められているため、カーテンに触れた瞬間圧倒されるほどの強いエネルギーを感じることができます。

そろそろお試しのダマスク柄から卒業するライフステージに立ったあなたには、ぜひ本物のダマスクカーテンを使って上質なホテルライクインテリアに挑戦していただきたいと思います。数あるダマスク柄の中で比較的使いやすく、それでいてユニークな織り技法で表現されたのがFRANCOです。

写真ではわかりにくいですが、風通(ふうつう)という二重織り組織になっていて、しわを寄せることで重くなりがちなダマスク柄をシンプルに引き立てることに成功しています。それでいてメリハリのついた配色はインテリアを引き締め、あっという間にホテルライクな部屋の完成です。8色のバリエーションがありますので、ぜひコーディネートを意識して選んでみましょう。

FRANCO

FRANCO

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。