アジアンテイストのカーテンといえば、天然素材をイメージさせるアースカラーを中心としたざっくりとしたテイストの風合いが定番です。

89c60e1c7276b76c840abf1cb5ae0b6a_m例えば農作物を収穫したときに使う麻袋のイメージは、ナチュラルテイストのカーテンには必ず採用されていますので、アジアンテイストの部屋作りにはさほど生地探しで困ることはありません。

そのどこにでもありそうなざっくり麻テイスト、それじゃ満足できないあなたにお勧めなのが、KUSA(くさ)と言う商品名がつくタイ産の輸入カーテンです。

この生地を見て感心したのは、日本伝統のい草を使った「ござ」の表面に似ているところです。ござを知らない方でも和室の畳ならわかると思いますが、この生地のテクスチャーはい草を縦に織り込んだデザインになっていて、まるで畳の表面を見ているかのような感覚のカーテンです。

こんなテクスチャーを持つカーテンは正直はじめてみたという新鮮な驚きと、KUSAという秀逸なネーミングに輸入カーテンの魅力を感じました。全部で8色展開していて、どれもアジアンテイストならではのカラーリングでどれも使ってみたいものばかりです。

kusa

kusa

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。