このカーテンはDAINTREE(ダインツリー)という商品名がつく、タイで生産された輸入カーテンになります。DAINTREEを調べてみるとオーストラリアの熱帯雨林の地名のようで、エコツアーが盛んみたいな名所でした。

デザインを見ると確かにジャングルをイメージさせる植物柄で、笹の葉のように尖った葉っぱデザインが、何か危険をはらんだ探検がこれから始まるぞ!みたいな想像をかき立てるアジアンテイストにも使えるカーテンだと思います。

さらにこのカーテンの大きな特徴は、生地の継ぎ目のないエンドレスなシームレスカーテンという点です。一般的にカーテンには生地巾という物があり、100cm巾や150cm巾が主流になっています。横に大きな窓にカーテンを作るとき、横幅が足りない分生地を継ぎ合わせて製作します。

できあがったカーテンにこうした生地の縫い合わせがあると、オーダー品なのに生地を継ぎ足して作ってある!と憤慨される方がおられますが、オーダーだから継ぎ目のないカーテンができるわけではありません。カーテンには規格サイズで作った既製品と、部屋の窓サイズに最適化したサイズで作るオーダーメイドがあります。洋服も同じでオーダースーツだから継ぎ目がない、というのは布を使う以上あり得ない要求になります。

そうは言ってもカーテンの継ぎ目、目立たないと言ったらウソになります。美しい均等なウェーブも、継ぎ目があることで不規則になりがちです。特にタワーマンションのように壁一面窓ガラスといった大きな面積のカーテンは、継ぎ目のないスマートなカーテンがシンプルでとてもマッチします。

このDAINTREEは、その継ぎ目のないシームレスなカーテンを実現します。継ぎ目がないカーテンという、細部にこだわりを持つことがすでに非日常の意識感覚です。全部で4配色のDAINTREEカーテン、お部屋のカラーコーディネートにあわせてぜひ使ってみて下さい。

DAINTREE

DAINTREE

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。